知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

お出かけ

ほおずき市の由来と楽しみ

投稿日:

東京の夏の風物詩として人気の、浅草ほおずき市

毎年7月9日、10日に浅草寺で盛大に開催される、ほおずきを販売する市のことです。

ほおずき市といえば浅草寺、というくらい、今では浅草寺のほおずき市が最も有名ですが、
実は発祥は浅草寺ではなく、東京港区にある愛宕神社なのだそうです。

愛宕神社では6月23日、24日は「千日詣」と呼ばれ、この日にお参りすると千日分のご利益があるとされています。

初めて行った人はビックリすると思いますが
日本中のほおずきが集まったのかと思うほどたくさんのほおずきが売られます。
ほおずき市の画像

ほおずき市の由来

昔はほおずきは薬草であるとされ、煎じて飲むと幼子の夜泣きに効くといわれていました。

初夏が開花時期となるほおずきに無病息災の願いを込めて、この「千日詣」に合わせてほおずきが売られていたことが、ほおずき市の始まりといわれています。

縁日を楽しもう

さて、古来より寺院や神社では「毎月18日は神様仏様に特別なご縁のある日」といわれ、参りする習慣がありました。

よく、神社などのお祭りで出店が出ることを「縁日」といいますが、この「ご縁のある日」が由来といわれています。

室町時代になると、この「縁日」に「功徳日」という新たな縁日が加わりました。

普段は一日分のご利益があるとされるお参りですが、功徳日にお参りすると百日分のご利益があるとされました。

さらに、7月10日は功徳日の中でも特別とされ、この日のお参りは千日分のご利益がある「千日詣」とされました。

この特別な功徳日、江戸時代に入ると浅草寺では四万六千日分のご利益に激増します。
四万六千日は、計算すると約126年分。

一生分のご利益があるということでしょうか。

ちなみにこの数字、米一升に含まれる米粒が約四万六千粒だからという説もあり、一生と一升をかけたという話もあります。

愛宕神社の千日詣が発祥のほおずき市ですが、こちらでもいつからか千日詣のご利益を「四万六千日」とするようになりました。

しかし、ご利益が四万六千日とするのは浅草寺が発祥だとされ、浅草寺でもほおずきが売られるようになり、長い年月を経て現在の盛大なほおずき市になったといわれています。

元々の功徳日は7月10日ですが、ほおずき市は7月9日、10日の2日間開催しています。

ご利益が少しでも早く欲しいと多くの参拝者が前日から行列を作るため、前日の7月9日も四万六千日の縁日とされ、ほおずき市も2日間開催されるようになりました。

ほおづきを飾って、厄除けと夏の風情を楽しみましょう。

ほおづき市には、鉢植えのほおづきが沢山売られています。

夏の風情を楽しみたいのなら、風鈴のついたものを購入しましょう。

ほおづきは日光が大好きですが、日当たりが良すぎると枯れてしまいますので、日陰になる軒先がちょうど良い場所になります。

水は朝夕の涼しい時間帯にあげます。実は、このほおづきですが、秋になっても又違う美しさがあるのです。

実を覆う外側が枯れて網目状になります。これがなんとも風情がありますので、秋までしっかりお世話しましょう。

ほおづきには、鉢植えばかりではなく、鈴なりのものを結びつけた「枝ほおづき」もあり、厄除けとして家に飾ります。

実だけを袋詰めにしたものも売っています。

これは、観賞用ですので、ガラスの器などに入れて飾ると涼感がえられるかもしれません。

実を口に含んで鳴らす遊びをした人もいることでしょう。

ほおづきは薬草ですが、実には僅かな毒があり、妊婦さんが口すると流産の恐れがあります。

僅かなものですが、危険は回避した方が良いので、妊婦さんは口に含まないようにしましょう。

夏の風情と江戸情緒が楽しめるほおづき市にぜひ出掛けてみましょう。

まとめ

ほおずきの実を袋詰めにしたものも500円程度で購入できます。

昔は薬草として人気だったほおずきですが、実は微量の毒が含まれています。

種を出した実を口に入れて鳴らす遊びも昔ありましたが、特に妊婦は流産の危険があるそうなので、遊ばない方がよいです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-お出かけ
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.