知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

お中元に関する豆知識

更新日:

お中元はどのようにして始まったものなのでしょうか。また、送る時期や送る品物を選ぶ時の注意点とはなんでしょうか

第1章:お中元の起源に関する豆知識

お中元とは、古く中国の道教の祭日からきています。

旧暦の7月15日を中元と呼び、行事が行われておりました。余談ですが、旧暦の1月15日は上元、旧暦の10月15日は下元と言いました。

さて、中国でこの中元の日に仏教の行事である盂蘭盆会が行われていたために、中元と盂蘭盆会が結びつきました。

やがて、仏教が日本に伝わると盂蘭盆会は現在と同じようなお盆の行事となります。

江戸時代になり、お盆が民間でも盛んになると、親戚等を訪ねて進物を贈るようになります。このお盆の進物がお中元の起源となるのです。

そして、お盆の進物を贈る日が7月15日までであったことと、道教の中元が重なって、お中元と呼ばれる現在の形になりました。

第2章:お中元を贈る時期はいつまでなのでしょうか

お中元を贈る時期は一般的には7月初めから15日までとされています。しかし、地域によって変わりますので、注意が必要です。

北海道は7月15日~8月15日、
東北・関東は7月1日~7月15日、
東海・関西・近畿・中国・四国は7月~8月15日、
九州は8月初旬~8月15日とさまざまです。

ご年配の方の中には、気になさる方もいらっしゃいますので、送り先の住所に気を付けて送る時期を間違えないようにしましょう。

デパートに任せきりにせず、自分で管理をすることをお勧めします。

第3章:品物を選ぶ時の注意点

お中元として送る品物を選ぶ際にも、注意が必要です。

送る相手の年齢はもちろんですが、好みも知っておく必要があります。

普段の会話などにより、どのような嗜好なのか気を付けておくと良いでしょう。

お酒が好きで甘い物が苦手な方に、いくら美味しいからと甘味類を送っては、決して喜ばれません。また、逆もしかりです。

そして、もう一つ気を付けなくてはいけないのは、相手の方が何かの病気を持っていないかと言うことです。

ご年配になればなるほど注意が必要です。例えば、糖尿病の方に、食べたり飲んだりできないものを送っては失礼にあたります。

もし、余り親しくはないがお中元を贈らなくてはならないという場合は、食べ物や飲み物は避け、季節を感じさせるようなものを送る方が良いでしょう。

まとめ

お中元は、儀礼的なものではありますが、親しい相手の場合は楽しみにしている場合もあります。

送る際には、心を込めて選び、失礼の無い時期に送るように心がけましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
  

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.