知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

学習

小学3年生が読書感想文を書ける!読みやすい!オススメ本3冊

更新日:

夏休みの宿題の読書感想文、特に小学3年生のお子さんの場合は、まだまだ本を読むことに慣れていなかったりもして、うちの子、はたして読み切れるのか?そして書けるのか?とお父さん、お母さんの悩みは深まるばかりですよね・・・。子どもの時の記憶をフル動員して、少しでも読みやすそうな本を探してネット検索をしてみても、選択肢が多すぎて選べない!そして、寝不足・・・なんてことになってしまうことも。そこで、この記事では、読書が苦手な小学3年生のお子さんでも、とにかく読みやすい!をテーマに読書感想文におすすめの本を3つ、ご紹介していきますね。

【オススメ本1】大人も子どももハマる!猫が主役の友情と冒険の物語

ルドルフとイッパイアッテナ 作:斉藤洋 絵:杉浦範茂 

かんたんなあらすじ

黒猫のルドルフは、飼い猫として小学生のリエちゃんに飼われていましたが、あるアクシデントが起こり、長距離トラックで家から遠く離れた東京に来てしまいます。そこで出会ったのが、のら猫のイッパイアッテナ。生きるため、リエちゃんのもとに帰るため、イッパイアッテナにたくさんの知恵や知識を教えてもらいしだいに芽生える友情。そして個性豊かな人間たちとの出会い。ルドルフは無事リエちゃんのもとに帰ることができるのか。ラストまで猫たちの冒険から目が離せません。第27回講談社児童文学新人賞受賞作です。

ルドルフとイッパイアッテナ

新品価格
¥1,404から
(2019/5/24 23:58時点)

だから読みやすい!

とにかく最後まで飽きさせない圧巻のストーリー展開で、子どもだけでなく大人も夢中になれる1冊です。動物が主役、トラックに乗って遠くに冒険、無事に家に帰れるのか帰れないのかというスリル、カッコいいボス猫イッパイアッテナ(この変わった名前の由来は作品を読んでからのお楽しみです)はじめ魅力的な登場人(猫)物との出会いと友情。みんなが好きなワクワク要素がすべてつまった、児童文学の職人技とも言える名作です。映画化されているのもうなずけます。

【オススメ本2】サッカー好きの小学3年生男子ならおもいっきりシビレます!

メッシ ハンデをのりこえた小さなヒーロー 作:マイケル・バート 翻訳:樋渡正人

かんたんなあらすじ

世界最高のサッカー選手とたたえられるリオネル・メッシ。彼がゴールした後、両方の指で天を指差すのはなぜか知っていますか?
才能豊かな少年、リオネル・メッシはある病気を抱えていました。どのようにして彼が病気を克服し、世界最高の舞台に立つまでになったのでしょうか。そこには、少年の病気克服へのたゆまぬ努力、そして、周りの家族の「信じ続ける」という大きな愛情がありました。サッカー好きの子どもたちの胸を打つノンフィクションです。

メッシ ハンデをのりこえた小さなヒーロー (ポプラ社ノンフィクション)

新品価格
¥1,296から
(2019/5/24 23:57時点)

だから読みやすい!

読書嫌いの小学3年生の男の子でも、サッカー、メッシとくれば、自然と本に手が伸びるはず。そして、すぐにページをめくる手が止まらなくなるでしょう・・・。
なにより、華麗な技でピッチを駆け抜けている憧れのサッカー選手が、こんなハンデや悲しみを抱え人知れず努力をしていたなんて、と驚きとともに深い感動に震えます。柔らかい感性の子ども時代にぜひ触れさせてあげたい、あきらめない心を学べる貴重な実話。子どもたちが今後の人生で困難にぶつかった時、がんばれる原動力になること間違いなしです。

【オススメ本3】小学3年生女子が夢中になれる魔女ものです!

なんでも魔女商会 (1) お洋服リフォーム支店 (おはなしガーデン) 作・絵:あんびるやすこ

かんたんなあらすじ

転校したばかりでさびしい気持ちだったナナが森の中で見つけたのは、人間以外の生き物ならみんな知っている魔法の老舗「なんでも魔女商会」の洋服リフォーム支店だった!お客さんは人間ではなく森の動物で、本当に用事があるものしか来られない魔法がかかっています。なぜナナは来ることができたのでしょうか?魔法を使わず心を込めて洋服のリフォームをする魔女シルクや森の動物たちとのエピソードに、心がじんとあったまる童話です。

なんでも魔女商会 (1) お洋服リフォーム支店 (おはなしガーデン)

新品価格
¥1,188から
(2019/5/24 23:55時点)

だから読みやすい!

まずイラストの可愛さが目を惹きます。小学3年生の女の子ならつかみはOK!というところでしょう!そして、全編を通して展開するのは優しさあふれる物語。読んでいて、ほっこりと暖かい気持ちになれることでしょう。また、登場人物の心理描写がとても繊細で、それが、児童文学にありがちな教訓くささを見事に消しているので驚きです。読めばきっと、ほかの人の気持ちを想像することが、自然と心になじんでくるはずです。そして、忘れてはいけないのが、魔女シルクの作るお洋服。とってもステキなんです!

まとめ


いかがでしょうか?今回は、小学3年生のお子さんが時間を忘れて夢中になってくれそうな本を選んでみたのですが、これって読書の最大の喜びなんじゃないかなあ、と個人的には思っています。

面白ければ最後まで読み切ることもできて、おのずと感想も浮かぶものです。

不思議なもので、そういった本は大人が読んでも十分楽しいんですよね。

この夏休み、よかったら、この本たちを通じて、お子さんとめいっぱい読書の楽しさを感じてくださったらうれしいです。
そして、この夏のみずみずしい感動の体験は、親子の思い出に残る読書感想文にきっとなると信じています。

がんばってください。

宿題の読書感想文だけでなく、作文の基礎を学ぶのなら、ブンブンドリムがオススメです。
↓    ↓    ↓


スポンサードリンク




スポンサードリンク




-学習
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.