知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

お買い物 便利

消費税対策に!スマホ決済サービス大手3社を比較

更新日:

2019年10月1日から消費税の10%増税が決定しました。

2%増はかなりの負担になりますよね…

でも電子マネーでスマホ決済すれば、増税分をポイント還元で取り戻すことができます。

スマホ決済を利用しないのは損ですよ!

今回はスマホ決済とは何かについてご紹介します。

その他にスマホ決済の大手3社【PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・LINE Pay】の特徴について分かりやすく解説します。

1、スマホ決済サービスとは

現金やクレジットカードを提示せずにお会計ができるサービスをスマホ決済サービスと呼びます。

スマホ決済は大きく3タイプに分かれています。

【キャリア決済】

ネットショップでキャリア決済を使い買い物するとその料金が月々の携帯電話の料金と一緒に請求されます。

携帯電話のIDとパスワード、暗証番号を入力することで商品を購入することができます。

ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いとがあります。

クレジットカードがなくても利用することができるのですが問題点があります。

飲食店など実店舗でのキャリア決済の導入がまだまだ少ないことです。

【非接触IC決済】

スマートフォンの決済アプリに電子マネーまたはクレジットカードを登録すると利用できます。

お店に置かれた端末にスマートフォンをかざすことでお会計をします。

非接触IC決済にはおサイフケータイやApple Pay、Google Payなどがあります。

【QRコード決済】

アプリをダウンロードしてから使います。

スマートフォンのQRを表示しお店の端末で読み取るか、お店が提示するQRコードを読み取ることで決済が完了します。

クレジットカードがなくても銀行口座だったりコンビニから現金をチャージすることで使えるサービスもあります。

QRコード決済の設置費用の方が非接触IC決済より安いため加盟する店舗の数が続々と増えています。

今からスマホ決済を始めてみようと考えている人にはQRコード決済がおすすめです。

代表的なものとしてPayPay(ペイペイ)楽天ペイLINE Payなどがあります。

PayPay(ペイペイ)

無料で利用することができるスマホ決済です。

支払い額に応じてペイペイボーナスポイントが付与されます。
関連記事
電子マネーのスマホ決済にはPayPayが1番にオススメ

楽天ペイ

楽天会員情報に登録してあるクレジットカードが必要です。

ポイントのニ重取りができるため、クレジットカードで買い物するよりも楽天ペイを経由して使った方がポイントが貯まります。
関連記事
電子マネーのスマホ決済には楽天ペイもオススメ

LINE Pay

クレジットカードや銀行口座の登録をしなくても使うことができます。

コンビニなどで現金をチャージしてからお店で使います。

若い世代を中心に人気を集めています。
関連記事
電子マネーのスマホ決済にはLINE Pay!

2、PayPay(ペイペイ)の特徴

PayPayはソフトバンクとヤフーが出資して設立したPayPay株式会社が提供するモバイル電子マネー決済サービスです。

2018年10月からサービスを開始したばかりですが、すごい勢いで加盟店が増えています。

町のあちこちでPayPay加盟店を見かけるようになりました。

利用できる実店舗が多いため登録しておくと便利です。

PayPayを利用するにはまずアプリをダウンロードします。

その後決済方法を登録すると利用できるようになります。

決済方法は次の3つから選ぶことができます。

・銀行口座から現金をチャージ
・Yahoo!マネー
・クレジットカード

PayPayを使ってスマホ決済すると支払い額に応じてペイペイボーナスポイントが付与されます。

現在このポイント還元率がすごいことになっています。

PayPayのスマホ決済サービスが始まった当初は還元率は0.5%で1ヶ月の上限は5000円相当とされていました。

ところが現在は還元率が最大3%まで引き上げられています。

上限も1ヶ月で30000円までに引き上げられています。

その他に様々なキャンペーンが開催されているため、賢く利用するとペイペイボーナスがさくさくと貯まっていきます。

3、楽天ペイの特徴

楽天ペイは名前の通り楽天が提供する電子マネー決済サービスです。

楽天カードを使っている人はポイントがニ重取りできるため、ぜひ利用してほしいスマホ決済サービスです。

楽天カードから楽天ペイにチャージすると100円につき1ポイントが還元されます。

そしてさらに楽天ペイでスマホ決済すると200円につき1ポイントが還元されます。

つまり楽天ペイを使うと合計で1.5%ポイントが還元されることになります。

その他に楽天カードのキャンペーンにエントリーし、楽天ペイアプリで支払うと最大5%ポイント還元されるなどお得なキャンペーンも満載です。

楽天ペイのアプリをダウンロードし楽天会員情報に登録してあるクレジットカードを登録すると利用することができます。

スマホの中にクレジットカードが入っている感覚ですね。

楽天ペイ加盟店でクレジットカードを提示せずスマホを提示することで決済することができます。

4、LINE Payの特徴

LINE PayとはLINEを使った電子マネー決済サービスです。

クレジットカードや銀行口座の登録をしなくても使うことができます。

コンビニなどで現金をチャージしてからお店で使います。

スマホアプリだけでも使えますが、申込みをするとLINE Payカードをゲットすることができます。

LINE PayカードはプリペイドカードでチャージするとJCB加盟店でクレジットカードのように使うことができます。

LINE Payでスマホ決済するとLINEポイントが還元されます。

どれぐらいお金を使ったかでポイント還元率が異なります。

グリーン 月10万円以上 2%
ブルー 月5万円以上 1%
レッド 月1万円以上 0.8%
ホワイト なし 0.5%

最低限0.5%の還元が保障されています。

LINE Payもお得なキャンペーンが開催されるため賢く利用しポイント還元率アップを目指すことができます。

還元されたLINEポイントは1ポイント1円としてLINE Payでの支払いに使えます。

おすすめの記事
電子マネーのスマホ決済にはコンビニPay!

まとめ

2019年10月1日から消費税が8%から10%に増税されます。

増税された2%はスマホ決済サービスを賢く利用し取り戻しましょう!

スマホ決済サービスの中でも特にQRコード決済は加盟店が増えているため使えるようにしておいて損は絶対にしません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-お買い物, 便利
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.