知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

お勉強

夜空で夏の大三角形を探してみよう

更新日:

夏の代表的な星、「夏の大三角形」をご存知ですか?夏の大三角形は正式な星座ではありませんが、誰でも簡単に見つけられる星なんです。

とても明るい星なので望遠鏡を使う必要もありませんし、暗い場所はもちろん、都会の灯りが多い場所でもとても簡単に見つけることが出来ます。

その見つけ方や星についてご紹介したいと思います。

1・夏の大三角形の見つけ方

どんな形?

夏の大三角形は名前の通り大きな三角形をしています。こと座のベガわし座のアルタイルはくちょう座のデネブの三つの星を結んで出来ています。

どこを見る?

夏の大三角形は北極星の近くにあるので、まず北はどこかを確認してみてください。

北の空を見上げた時にひときわ輝いている星がベガ。

そこから南東の方向に目を向けていくとこちらも明るく輝いているアルタイルがあります。

アルタイルから東へ視線を移していくとアルタイルよりはやや暗いものの、明るい星デネブを見つけることが出来ます。この順番が一番見つけやすいですよ。

いつ見える?

夏の大三角形は、七夕の時期に昇りはじめ八月の下旬ころまでの間が見えやすく、中でも八月の上旬が一番よく見えます。時間は20時~21時頃がベストです。

また、星空がよく見えるのは
○月がない時
○晴れている時
○深夜11~12時頃
○天頂に来ている時
この4つの条件がそろった時が一番見えやすくなるので、お勧めですよ。

2・夏の大三角形三つの星の説明(ベガ・アルタイル・デネブ)

夏の大三角形を作っている星たちを一つ一つ見ていきましょう。

ベガ&こと座

こと座の星で一等星。アラビア語で「急降下するハゲワシ」という意味です。

地球の動きの関係で約12000年後には北の頂点、北極星になると言われています。

こと座についての神話がこちらです。

もともと琴は、発明の神ヘルメースが発明したもので、アポロンがこれを譲り受けその息子のオルペウスの手に渡りました。

オルペウスは琴を奏でて有名な音楽家となりました。

しかし結婚した妻が蛇にカミ殺されてしまい、冥神ハーデスに死んだ妻を戻してくれるよう頼みましたが交渉に失敗します。

悲しみにくれたオルペウスは、川に身を投げ亡くなりました。

琴は川を流れていきましたがゼウスが拾い星座にした、とのことです。

アルタイル&わし座

わし座の星で一等星。アラビア語で「飛翔するワシ」という意味です。

わし座についての神話は、ギリシア神話に伝わる物語が有名です。

この星座が表す”鷲”はトロイアの王子ガニュメーデースがあまりに美しい少年だったため、ゼウスが神の宴の給仕をさせるために、天に連れ去るときに遣わした、というものです。

天上ではガニュメーデースをモチーフとするみずがめ座の隣にわし座が位置しており、星図でもみずがめ座に飛び掛るように描かれています。

デネブ&はくちょう座

はくちょう座の星で一等星。アラビア語で「めんどりの尾」という意味です。

地球の動きの関係で約8000~9000年後には北の頂点、北極星になるかも知れないと言われています。

はくちょう座についての神話はギリシア神話の中で複数の物語が残されています。

その中で最も有名なのは、白鳥は大神ゼウスが化けた姿であるという物語です。

ゼウスはスパルタ王妃レーダーに恋をし、白鳥に化けて接近し誘惑しました。

そして、白鳥が去ったあと王妃レーダーは2つの卵を産み落とし、これがふたご座の兄弟ポリュデウケース(ポルックス)とカストールとなったというものです。

3・七夕との関係

夏の大三角形と七夕には実は深いつながりがあります。

七夕と言えば織姫と彦星が天の川を渡って年に一度だけ会える、という日ですよね。

その、織姫がこと座のベガ、彦星がわし座のアルタイルなのです。

そして天の川の中にあるのがはくちょう座のデネブ。

はくちょうが二人の仲を取り持つように通り抜けようという位置にあります。

これを知ると、夏の大三角形が身近に感じられますね。

4・北半球でしか見られない

日本ではお馴染みの星となった夏の大三角形ですが、実は世界中で見られるわけではないんです。

星や星座は世界中どこでも同じように見えるのではなく、場所によって見られる星と見られない星があります。

なので、日本でも見ることのできない星座がもあり、その星座が他の国ではよく見えるということがあるのです。

これは地球の軌道と緯度に関係しています。

ちょっと余談にはなりますが、ご紹介したいと思います。

夏の大三角形は北半球だけで見ることができる星です。

アメリカ大陸、ヨーロッパでは見られますが、オーストラリア、ニュージーランド、アフリカ大陸、南米大陸では見られません。

逆に北半球では見られない星(星座)の一つに南十字星(みなみじゅうじせい)という星座があります。サザンクロスとも呼ばれ、88ある星座の中で一番小さい星座です。

誰でも簡単に見つけられる夏の大三角形。

まとめ

今回の記事では夏の大三角形の探し方とそれぞれの星の由来を紹介しました。

昼間の暑さが落ち着き涼しくなった夜に、ぜひ夏の空を見上げてみてくださいね。

一緒にほかの星座も見つけてみて楽しんでみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-お勉強
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.