知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

健康 生活

これからの季節は特に要注意 夏バテにならないためにできる予防策

更新日:

夏バテ防止に役立つ3つのポイント

暑い夏だからこそ注意したい3つのポイント

睡眠・服装・お風呂の入り方を解説しています。

・睡眠と夏バテの関係

夏バテを起こさないためには睡眠が重要になります。

睡眠をとる必要性の一つ目は疲労回復です。

1日の疲れは寝ている間に解消されます。

そのため睡眠が足りなくなると回復時間が短いので体調を崩してしまいます。

 特には22時から2時の間の睡眠は重要であると言われています。

この時間帯は成長ホルモンが活性化されるためです。

また質のいい睡眠をするためには、寝室の環境を調整しないといけません。

暑くて寝苦しい環境においてはいい睡眠が取りにくいです。

エアコンの温度で28度がいいでしょう。

寝る前にエアコンを動かして部屋を冷ましておき、就寝し後に切れるようにあらかじめタイマーをセットしておくといいです。

エアコンの温度設定は冷過ぎない程度の28度にします。

朝でも暑い時には起きる時間の30分程の前にエアコンがつくようにするといいでしょう。

それから扇風機を使う場合に気を付ける点としては、風が直接的に体に当たる事が無いようにします。

 首を振らしたり、窓や壁、床に向けて当てるようにすれば寝室の空気は循環しちょうどいいくらいの温度になります。

・生活の中でできる夏バテ対策

 普段の生活の中でできる夏バテ対策について知りましょう。

まずは服装です。

汗をよく吸い込む服や通気性に優れた服装をしましょう。

暑い時期になればたくさん汗をかきます。

そのため吸水性や通気性に優れている素材の服を選びましょう。

さらに熱が体内にこもる事を防ぐために、襟や袖口が開いているとより効果的です。

それから外にいる時には帽子も役立ちます。

また料理をする時には火を使う事により暑くなるので換気扇を使い水分補給も忘れないようにします。

他にもトイレやお風呂場などは高温多湿になるので、湿気がこもらないようにできるだけ換気をしましょう。

またお風呂に入る時には、低めの温度で時間もあまりかけずに済ませましょう。

例えば40度ほどもあるお風呂に浸かると10分あたり500mlもの水分を体から失う事になります。

これでは脱水症状が心配されます。

お湯は40℃以下に設定して長い時間お風呂に入る事なく短時間で終えるようにしましょう。

また外出する時に日傘なども有効です。

・まとめ

これから夏が本格していく中で夏バテは気を付けないといけません。

子供も大人もなる事ですから普段から予防をしておきましょう。

できる事はいろいろありますから、トータル的にするようにすればより効果的に夏バテを防げるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-健康, 生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.