知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活 豆知識

調理を楽にする!調理器具のちょっとした裏技!!

更新日:

こんな裏技知ってますか? 調理器具のちょっとした豆知識を知ろう

調理を一切しない人は珍しくて、普通は毎日するものです。

そこで使うのが調理器具ですが、調理器具の上手な使い方を知っていれば生活の上で役に立ちます。ここではそんなちょっとした調理器具の豆知識をまとめました。

・オーブントースターはタイマー代わりに使う!

家に一つはある事が多いオーブントースターですが、実はタイマー代わりにできます。

調理をする時に煮たり焼いたりしている間に別の物を作る時などに、2つの作業を一緒に進めるためには、オーブントースターをタイマー代わりにすると役に立ちます。

オーブントースターのコンセントを抜いてタイマーだけをセットする事で、時間が来た時に「チン」となって知らせてくれます。

別にキッチン用のタイマーを買う必要はありません。

・忙しい朝にホットプレートが役に立つ

忙しい朝食の準備はできる事なら短時間で済ませる方がいいです。

そのためにはホットプレートを使うといいでしょう。

ホットプレートは面積が大きい事から、例えば目玉焼きを作りながらもベーコンを焼く事ができたり、またその隣でお弁当に入れるソーセージを焼く事ができたりと複数の食材を一気に調理できます。

その分料理の効率が上がり時間短縮になります。

・包丁を温めるとパンは切れやすい

スライスしていない食パンなどを切りたくても凹みができたり、切り口がボロボロになる事があります。

切りにくい事も珍しくありません。

そんな時には包丁を遠火で軽くあぶるようにしたり、お湯をかけて温めてやるとすいすいと綺麗に切る事ができます。

・ラップを上手く剥がすには

ラップを使いたい時に切り口がくっついていて剥がす事ができない事もあります。

そんな時には火に近づけ過ぎる事が無いように注意しながらガスコンロで軽くあぶるようにしてラップをクルクルと回せば切り口が浮いてきます。

・ビン詰の蓋が開かない時の裏技

ビン詰めの蓋をきつく閉め過ぎてしまい開かなくなる事もあります。

はじめに瓶を逆さにして蓋をおさえて瓶の方を回す。

それで開かなければ・・・

暑いお湯に浸して蓋を膨張させてからふたに輪ゴムをいくつかはめて、反時計回りに回すと開ける事ができます。

また輪ゴムの代わりにゴム手袋を使うのも賢い方法です。

包丁研ぎ器を使わずに包丁を切れやすくする。

二つ折りにしたアルミホイルに差し入れてスパッと切ると切れ味が良くなります。

アルミホイルは使用済みのものでOKです。

キッチンはさみ鋏もアルミホイルをジャキジャキ切れば切れ味が良くなります。

調理器具では無いけれど知っていると役に立つ小技二種

油でベタベタになった手をきれいにするには

砂糖小さじ1くらいを手にとって、まんべんなく揉み込み、水洗いすると、油で汚れた手が驚くほどキレイになります。

更に水洗いする前に砂糖がついた手のひらで油で汚れた調理器具をこすると調理器具の油汚れも落とせて一石二鳥です。

調理中の手のかゆみを治す方法

里芋やエビを調理していると手が痒くなりやすいですね。

そんなときは手に塩を1つまみとり、こすり合わせて洗い流すと
かゆみがなくなります。

まとめ

料理は頻繁にするものです。

調理器具を使う事は当然ありますが、ちょっとした知恵で生活上役に立つ事はたくさんあります。

調理器具を上手に使う知恵を困った時や作業の効率化のために活かしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活, 豆知識
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.