知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

お出かけ

海外旅行も怖くない!飛行機内で役立つ裏技 耳抜きの手順

更新日:

海外旅行は非日常を味わうことが出来るものですが、その分思わぬハプニングに見舞われることがあります。

本日は機内でのトラブルや役立つ情報をご紹介致します。

①4種類の耳抜きの方法

飛行機に乗ると、耳が痛くなることはありませんか?

飛行機の上昇・下降時の気圧の変化により、耳が痛くなります。

上昇時に耳がぼーんとなるのは、鼓膜の奥にある、中耳の空気が膨張することで起こります。

耳抜きをしましょう。

・トインビー法

最も簡単なのは、鼻をつまんで唾を飲み込む方法です。

耳への負担も少ないですが、できない人も多いです。

・フレンツェル法

嚥下動作、いわゆる唾や空気を飲み込む方法(フレンツェル法)で耳抜きをしている人には特に有効な方法ですが、ダイビング前にアメをなめたりガムをかんでおくことで、耳抜きがしやすくなります。

・バルサルバ法

口を閉じ、鼻をぎゅっとつまみます。

そして、鼻から空気が漏れないようにしながら、鼻から空気を出しましょう。

すると、ポップ音が聞こえ、耳の中の圧力が一定になります

・コップを耳に当てる。

この方法は添乗員さんも使っている方法で、耳抜きができない小さいお子さんにオススメです。

温おしぼりとで紙コップで一体何をするんだ?と思いますよね。

紙コップに温おしぼりを入れて、両耳に当てるだけで、耳抜きができてしまうんです♪

人前で当てるのは恥ずかしいですが、効果は抜群です!

②機内に持っていくと便利な物

・マスク

機内は思った以上に乾燥します。

乾燥からくる、喉の痛みを軽減するためにマスクを着用することで、防げます。

・着圧タイツ

長時間座っていると、どうしても足がむくんできます。

そんな、むくみ予防には着圧タイツがオススメです。

・カーディガンやストールなどの羽織もの

空港内や機内はエアコンがガンガン効いていて寒いことがあります。

現地との温度差もあるので、羽織を一枚持って行くことで体温調節ができて、とても便利です。

・ボールペン

入国の際は何らかの書類を書くので必須。

・メガネ

長時間のフライトはメガネが1番です!

コンタクトで寝るのは負担がかかるので、メガネを持っていきましょう。

・スリッパ

靴を長い時間履いていると、疲れますし、蒸れてきます。

スリッパを持って行くと、足の蒸れからも解放され、快適に過ごすことができますよ。

③カップラーメンは機内に持ち込める。

機内食は出るものの、物足りない事ってありませんか?

そんな時は、カップラーメンを持って行くと便利です。

お湯を入れて欲しいといえば、客室乗務員さんが、お湯を注いでくれます。

オランダ航空では、こっそり「カップ麺ありますか?」と聞くと、エコノミーでも出してくれるそうです。

④自動化ゲートを通過しよう。

自動化ゲートは、パスポートと指紋の照合で本人確認を行い、自動的に出入国手続きができる出入国管理システムです。

フライト当日でも登録可能で、出国係員に登録したいと伝えると、簡単な書類記入と、指紋登録で、登録が出来ます。

有効期限はパスポートの期限が切れるまで有効です。

長い行列に並ばずに、華麗に通過する事ができるので、時間短縮になります。

⑤マナー違反

国が違えば、マナーもそれぞれ、私たち日本人がやってしまう事が、向こうに行ったらマナー違反なんて事も!!

旅行先で気をつけたいマナーを紹介します。

・鼻をすする

欧米人は鼻をすする音に不快感を感じる人が多く、タバコを吸うくらい嫌われますので、すするくらいなら、思いっきりかんでしまいましょう。

他にも注意したいことは
・ゲップをする
・子供の頭を撫でる
・人前で化粧
・人前で靴を脱ぐ
・話してる最中に目を見ない
・口元を隠す
・あまりにもラフな格好
などなどです。

まとめ

4種類の耳抜きの方法と機内に持っていくと便利な物。

旅行先で気をつけたいマナーを紹介しました。

ぜひ旅行の際には活用してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-お出かけ
-,

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.