知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

特別警報レベル5!5段階の大雨警戒の詳細と過去の被害状況

更新日:

気象警報の種類には注意報・警報・特別警報の3種類があります。

今回の記事では特別警報「大雨(土砂災害、浸水害)、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮」と特別警報のレベル(1から5)
の詳細と過去の特別警報レベル5相当の災害について書いています。

ぜひ参考にしてみてください。

特別警報とは?

特別警報は2013年8月30日から新設され運用が始まりました。

新設された背景には
東日本大震災での大津波警報
2011年の台風12号豪雨警報
の際に発表された警報が迅速な避難に結びつかなかったことを反省し新設されました。

特別警報は従来の警報以上の警報

特別警報は数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されます。

数十年に一度の大災害というのは少し、曖昧ですが

未曾有の危機です。

警戒レベルの詳細

普段からの準備が大切になってきます。

Refian(レフィアン) 防災グッズ 防災セット 1人用 21種類35点セット 【1000人以上のアンケートをもとに現役防災士が企画】

新品価格
¥9,680から
(2019/7/20 15:01時点)


防災グッズを用意しておくことをオススメします。

レベル1 最新情報に注意

警戒レベル1が発令されたら
家族との連絡方法や居場所や状況を確認して
警戒レベルの変化に注意してください。

普段から警報の情報を収集できるように
災害情報アプリをスマホにインストールすることをオススメします。
・Yahoo Japan Corp
・NHKニュース防災
・ウェザーニュース
3種類とも無料です。

レベル2 避難方法など確認

警戒レベル2が発令されたら
避難場所や避難方法・家族の集合場所を再確認しましょう
避難時に持ち出す荷物の用意も必要です。
家族との連絡方法にLINEや伝言ダイヤルなども
使用できるようにしておくことをオススメします。

レベル3 高齢者など避難

警戒レベル3が発令されたら、高齢者や子供などの避難を開始します。
しかし、できればこの段階で全員が警戒レベル3の地域から避難することが望ましいです。
更にレベルが上がれば避難中に命の危険にさらされる場合があります。

レベル4 全員避難

問答無用で全員が避難!
くれぐれもレベル5を待たないでください。

レベル5 命を守って

レベル5の発令は滅多にないことですが
もし発令されたらとにかく自分と自分の大事な人を守ることに集中してくだい。
日常の生活のことは後回しです。

過去の台風被害の状況と動画

平成23年(2011年)8月30日~9月5日台風第12号による被害状況

紀伊半島を中心に記録的な大雨。

死者 82名
行方不明者 16名
負傷者 113名
住家全壊 379棟
住家半壊 3,159棟
一部損壊 470棟
床上浸水 5,500棟
床下浸水 16,594棟

平成21年(2009年)7月19日~7月26日中国・九州北部豪雨による被害状況

九州北部・中国・四国地方などで大雨。

 

死者 36名
行方不明者 0名
負傷者 59名
住家全壊 52棟
住家半壊 102棟
一部損壊 230棟
床上浸水 2,139棟
床下浸水 9733棟

まとめ

台風の接近や上陸によって暴風雨になったら
1.外に出ない!!
2・指定の避難場所に移動できない場合は丈夫な建物の2階以上に避難する。
3.流れている水に近づかない
4.エレベーターを使わない
5.山などの急斜面に近寄らない
以上の5つを守り
避難所の移動時には複数で行動することを心がけてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.