知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

神道のお盆について

更新日:

昨今、お寺離れの傾向があると、テレビで放送されていました。

仏教の檀家制度や、お寺に支払いするお布施のことなど、金銭面を考えて、神道に改宗される方が多く見られます。

気になったので神職の方にうかがったことを綴ってみます。

仏教と神道のお盆の違い

基本的には、仏教も神道も「ご先祖様をお迎えする」ということに違いはありません。

お祭りの仕方が仏式なのか、神式であるのかの違いだけなのだそうです。

お盆になると、お墓をきれいにして、家の中も掃除をし、ご先祖様をお迎えしますよね。

神道も同じです。

「迎え火」や「送り火」も同じで、その日は家の門前で火を焚きます。マンションの場合はベランダで行います。

「ぼん提灯」については、美しい絵が書かれていたり、細工が施してあったり、そういったものは、お盆の時期になると、ホームセンターでも良く見かけますよね、神式の場合は、白木の飾りのないものを使うようです。

「ぼん提灯」は、新盆の年だけでもいいようです。

仏式でいうところの仏壇は、神道では「祖霊舎」あるいは「神徒壇」といいます。

ここに、家を守ってくださる神様として、ご先祖様がいらっしゃるそうです。

ちなみに祖霊舎は、神棚の下がよろしいそうで、北向きは絶対のNG。

できれば東に向いているのがベストなのだそうです。

神道のお盆の祭壇

次に、お盆の祭壇についてです。

床の間に設えるといったことも聞きますが、現在の住宅事情では、すべてのお宅に床の間があるとは思えません。

祖霊舎付近に設けるのがいいと思います。

祭壇は、段になっているものがいいようですが、部屋の広さを考え、テーブルのようなものでもいいそうです。

そこに、左右対となるように飾るものは、「お榊」「お酒」「ろうそく」の3つです。

あとは、「お水」「塩」「洗い米」「海の物」「山の物」を用意します。

出来れば「三方」がよいのですが、なければ白い無地のお皿で供えてください。

海の物というと、魚や海草などですが、この時期になま物は腐ってしまうので、私は「鰹節」や「昆布」「寒天」などを供えます。

山の物は「野菜」「果物」を用意してください。

あとは、お菓子や生花も飾ります。

ナスの牛、きゅうりの馬といった精霊馬(牛)については、飾る飾らないの決まりはないようです。

最近は、市販でかわいらしい物がたくさん出回っているので、それを利用するのもよろしいかと思います。

せっかくご先祖様をお迎えするのですから、家族が揃った和やかな「お盆」をお過ごしください。

まとめ

これが、私がお教えいただいた神道のお盆についてです。

おそらく、其々の地域での相違はあると思いますが、少しはお役にたったでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.