知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

残暑見舞いの文例を紹介します。

更新日:

皆さん、残暑見舞いは出したことはありますか?

いざ書こうとなると

「残暑見舞いっていつ出すもの?」
「何て書いたらいいの?」
「そもそも、暑中見舞いとはどう違うの?」

などと、疑問がわく方も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、残暑見舞いのあれこれについて、またその文例を記載していこうと思います。

「暑中見舞い」と「残暑見舞い」の違い

これは、送る時期によって変わります。

諸説ありますが暑中見舞いは、梅雨が明けてから立秋(年によって違いがありますが、だいたい8月7日ごろ)前まで。

残暑見舞いは、立秋から8月いっぱいまでです。

書く内容は、どちらも「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」ですので、暑中見舞いについても、梅雨が明けて夏らしくなった頃から出すと良いでしょう。

ただし、梅雨の明ける時期は、地域によって違いがありますので、自分の住んでいる地域が明けていても相手先はまだ…なんてこともありますので、その辺りは注意が必要です。

そして、立秋を過ぎたら残暑見舞いに切り替えましょう。

「残暑見舞い」の書き方

①冒頭の挨拶

「残暑お見舞申し上げます」
「残暑お伺い申し上げます」など。
冒頭の挨拶文は、少し大きめに書きましょう。

②時候の挨拶、先方の安否を気遣う言葉

「相変わらずの暑さが続いております。皆さまお変わりありませんか。」
「残暑ことのほか厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。」
「朝夕には秋風が感じられるようになってまいりました。ご家族の皆様お健やかにお過ごしでしょうか。」
「まだまだ暑さ厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」
「平素は格別のお引き立てにあずかり、厚く御礼申し上げます。」
など、時候の挨拶や先方の安否を気遣う文章を書きます。

③近況の報告、お礼、お知らせなど

「おかげさまで家族一同元気に過ごしております」
「○○に来てはじめての夏です。想像していた以上の暑さにびっくりしています。」
「このたび、下記の住所に引っ越しましたのでお知らせいたします。こちらへお越しの際には是非お立ち寄りください。」
「このたびはご丁寧なお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。」
「日頃の感謝のおしるしに、心ばかりの品を別送いたしました。ご笑納ください。」
引越しや結婚の報告など近況の報告や、お中元や贈答品、暑中見舞いのお礼などを書きます。ビジネス用でしたら、セールや休暇のお知らせやお願いなどを書くのも良いでしょう。

④先方への気遣いの言葉、終わりの言葉

「残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。」
「夏の疲れが出やすい頃ですので、どうぞご自愛のうえお過ごしください。」
「今後とも、ご支援、ご鞭撻を賜りたく謹んでお願い申し上げます。」
「貴社の更なる飛躍をひとえにお祈りいたします。」

⑤日付

「令和○○年八月」
「令和○○年晩夏」
「令和○○年立秋」

日付の後に、差出人の住所や会社名・氏名を記述しても良いでしょう。

※「拝啓」「敬具」などの頭語や結語は不要です。

まとめ

これらの文例を参考に、今年は残暑見舞いを書いてみてはいかがでしょうか。きっと先方にも喜ばれると思いますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.