知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

お出かけ

奈良県の吉野川納涼花火大会

投稿日:

フィナーレは圧巻?夜空一面光で真っ白になる花火大会!

奈良県の吉野川納涼花火大会が大好きで、約20年間毎年欠かさず見に行っています。

18.9の時、今の主人とデートで行ったのが始まりで、その頃影も形もなっかた長男が今年14歳になります。

この長男、年齢と同じ数だけこの花火大会に行っていることになるんですね。

家から車で1時間ちょっとかかりますが、長い間行き続けるのには訳があります。

とにかくフィナーレがすごいんです!

スターマインから一気にフィナーレへ突入していきます。

息をのむ美しさで、感動モノですよ!

ぜひ、この感動を多くに人に味わってもらいたいです。

花火とレーザー光線と音楽の融合

奈良県の吉野川納涼花火大会は大会と言うより、もはやショーですね。

吉野川の河川敷で、音楽に合わせて4000発の花火が打ち上げられます。

夜空を彩る綺麗な花火と、芸術的なレーザー光線が見事にコラボレーションしていて、まるで迫力のある豪華なショーを見ているようなんです。

また、花火開始前にたくさんの灯篭が流されるので、灯篭のほのかな光と大輪の花火が川面を照らして幻想的な世界を作り出しています。

長男が小学1年生の時、夏休みの絵日記に「花火の音がすごく大きくて、心臓が痛くなるくらいでした。」

と書いていた記憶があります。7号玉の花火を近くで見ていると、胸にドンドンと響いてくるんです。

目で見るだけじゃなく、体で感じることも出来るんですよ。

奈良県内1位の人気を誇るのは納得ですね。

少し離れた穴場でゆっくり観覧

約8万人が訪れる花火大会だけあって、打ち上げる所まで見える川岸は席取りが大変。

前日から取っている人もいるので、かなり早く行かないと到底ムリ。

でも少し離れるだけで、花火は綺麗に見える場所はあるんです。

河川敷を逆方向に歩いて行くと、人が減ってきます。

目の前ではないけれど一つ一つの花火が大きいし、視界を遮るものはないので十分楽しめます。

人混みの中で見るより少し離れていて、川の水の冷たい風を感じながらの方が涼しくていいかもしれませんね。

ただ、蚊が多いので虫よけ対策は万全にして行って下さい。

車で行かれる方なら、田舎道に路上駐車して見るのがオススメです。

民家もそれ程多くなく、田んぼが広がる田舎道なので、車から離れずすぐに移動できる距離にさえいれば大丈夫です。

私はここ数年、この場所で見ています。

妹家族と毎年一緒に見に行くのですが、お互いの下の子が生まれたのが20日違いの同い年で、小さくてウロチョロする子が2人もいると人混みや河川敷は危ないかなと思い、探したのがこの田舎道。

子供が騒いでも平気だし、寝てしまってもそのまま車に寝かせられるし。

お弁当を作って持って行き、車の中でゆっくり食べながら見ています。

ただし、ゴミなどは必ず持ち帰って下さい。

近隣の方々の迷惑になる行為だけは、絶対にやめて下さいね。

私のお気に入りの花火大会はどうでしたか?

まとめ

なかなか上手く伝えられなくて歯がゆいのですが、?百聞は一見に如かず?です。

1度行ってみて下さい。

魅了されて1度ではすまなくなると思いますけどね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-お出かけ
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.