知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活

毎日使う靴の正しい手入れ方法知っていますか?靴の手入れの心得!

更新日:

毎日使う靴をきちんと手入れしていますか?

靴は消耗が激しいですからしっかりと手入れをする必要があります。

ここでは靴の手入れについて知りましょう。

・新しい靴はすぐには履かない事

新しい靴を購入すればすぐに履きたくなりますが、この時にひと手間かけるようにします。

新しい靴をそのまま履いてしまうと皮がシワになり、さらに汚れや傷がつきやすくなります。

これを予防するためには購入した後すぐに靴クリームを薄く塗るようにします。

クリームが革をおおい、シワにになりにくいですし汚れや傷を防いでくれます。

・白いシミに靴クリームは使わない

濡れた革靴をそのままにしておいては白いシミが浮き出てきます。

これは、革に含まれている塩分が出てきたものですが、このシミを靴クリームで落とそうとしてはいけません。

取り除けるどころかそのままシミになって残ります。

革靴の白いシミまず硬く絞った濡れ雑巾で拭き取ってしまいます。

その後に靴の中に新聞紙を入れてよく乾かして、乾いたらクリーナーで汚れを落とすと綺麗に落とす事ができます。

・濡れた靴は急には乾かさない事

靴を濡らしてしまうとドライヤーの熱風を吹き付けたり、ストーブの側に置いておけば、確かに早く乾かす事ができます。

しかし、革靴の場合はこのような仕方では革を傷める事になります。

濡れた革靴はまず硬く絞った雑巾で表面や中の水分、汚れを拭き取りましょう。

その後に丸めた新聞紙を靴の中に突っ込み水分を吸い取らせて、風通しがいい場所で日陰干しをしましょう。

乾いたら革の脂分を補うために靴クリームを塗って、最後に柔らかめの布で磨き上げます。

・スエードの汚れに対して

子牛や子羊の革の裏をケバたてたスエードは柔らかい風合いが魅力です。

しかし、明るい色合いの物が多いので、汚れが目立ちやすいのが欠点です。

特に靴は汚れが付きやすいですが、スエードの汚れは水やクリーナーで落としてはいけません。

スエードの汚れはまず泥をブラシでサッと落とした後に掃除機で汚れを吸い込んでいくようにします。

このようにすると毛の中に入り込んだ汚れを吸い取る事ができて同時に寝ている毛を起こす事も出来ます。

もしも掃除機が無い時には300番から400番のサンドペーパーを利用します。

これで丁寧に磨くようにすれば汚れが取れて毛を立たせる事も出来るのです。

・まとめ

毎日使用する靴もたまにしか使わない靴も手入れは重要です。

お気に入りの靴をできるだけ長く使えるように日頃から手入れには気を付けましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.