知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

健康 生活

夏バテではなくて秋バテ?秋バテが起きる理由はどうしてか教えて

投稿日:

夏バテとはよく聞く言葉ですが、秋バテがある事を知っていますか?

ここでは秋バテが起きる原因と対策について知りましょう。

・秋バテはどうして起こるのか

 秋バテが起きる理由は夏の生活態度も関係します。

夏バテと秋バテの関係

夏は寒暖差が大きいです。

例えば室外が35度以上で室内は25℃くらいだとすると寒暖の差が10℃くらいある事になります。

室外から室内へ頻繁に行き来するようになると次第に寒暖差が大き過ぎる事で自律神経が狂いだします。

 すると血液の流れも悪くなり体にいろいろな不調が起き始めます。

ここまではよくある夏バテの症状です。

そしてここから秋特有の原因が加わり秋バテになります。

それは秋口になると低気圧になる事です。

低気圧になると空気中の酸素濃度が薄くなります。

すると呼吸が乱れて自律神経も狂います。

この時に夏の時期、寒暖差によって自律神経が乱れていると、秋の低気圧でより症状を強める事になるのです。

このため秋バテが起きます。

また夏の時の影響が秋バテに関係するのは気候だけではありません。

それは食事です。夏の間に暑い事を理由にたくさん冷たい物を摂り過ぎたために秋バテを起こす事があります。

普通胃は食べ物が入ってくると胃液と混ざり合わせるように蠕動運動が起きて消化を促進します。

しかし、冷たい物を食べる事で胃の温度が体温の約37℃から25℃ぐらいまで落ちて、血液の流れが悪くなり胃の動きも悪くなります。

秋バテの症状として胃の調子が悪くなる事もあります。

・秋バテを改善しよう

 まずは正しい入浴をする事です。

38℃から40℃程度のぬるめのお湯にして寝る直前に10分から30分ほどかけてゆっくりと入ります。

副交感神経が優位になる事から落ち着けて、寝る直前に入る事で質のいい睡眠を取る事ができるのです。

また適度な運動をする事も有効です。

適度に運動する方が自律神経の機能が回復します。

体がしんどいからと何もしないのはいけません。

他にも朝に白湯を飲む事も有効とされています。

白湯を飲む事により胃腸が暖まり血の流れが改善されます。

体温が上昇する事で代謝や免疫力が上がります。

白湯の作り方

やかんか鍋にお水を入れ、蓋をして火にかけます。
沸騰したら蓋をとり、そのまま沸かし続ける
10~15分ほど沸かせば完成です。

白湯の飲み方

朝一番に飲むのが効果的
適正温度は50度前後
食後30分と就寝前は避ける

・まとめ

 秋バテが起きると体がしんどくなったり、食欲が湧かない、胃もたれが起きる、寝る事ができないなどいろいろな症状が出ますが、夏からの影響もあるので秋バテに向けて夏の時から生活態度に気を付けておく事も大事と言えるでしょう。

またもしも秋バテになった時には対処できるように秋バテ改善法を頭に入れておけばいいです。

元気に秋を過ごせるようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-健康, 生活
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.