知って得する暮らしのお役立ち情報館では、あなたの知りたい情報を調べて提供しています。ぜひ!活用してください!!。

知って得する暮らしの情報館

生活 豆知識

路上駐車中の自転車が無くなった場合の対処法

更新日:

駅前などで、路上駐車の自転車をよく見かけます。
酷いときには、通行の妨げになったりします。

今回の記事は路上駐車中の自転車が無くなった場合の対処法と撤去された体験談
放置自転車集積所に集められた自転車がその後どうなるかということを書いていきます。

路上駐車中の自転車が無くなった場合の2つの原因

2つのことが考えられます。

1つは盗難にあった!

2つ目は放置自転車として撤去され集積所に移動された!

最初にすることは

止めた場所の看板や電柱等に放置自転車集積所に関する告知が無いかの確認!

もし、あるならば、電話で確認してみる。

近ければ直接行ってみるのもいいと思います。

もし、張り紙等が無い場合は駅に近いなら駅員に聞いてみる又は交番で聞いてみる

止めた場所と時間帯を教えれば

撤去作業を行われたかどうかの確認ができます。

移送・保管されていれば、引き取りに行きます。

費用は市によって違いますが、だいたい1500円から3000円ぐらいだと思います。

引き取りの際に必要なものは、住所・氏名を明らかにするもの(免許証・学生証等) 、自転車の鍵です。

移送・保管の確認が取れない場合は、盗難された確立が高いです。

交番で盗難届けを出しましょう。
(普段から車体番号防犯登録を控えておくと話がスムーズに行きます。)

後日、盗難された自転車が放置自転車として集積所に移動された場合は、盗難届けを出しておけば移送・保管料金を払わなくて済みます。

路上駐車中の自転車が無くなった場合の体験談

1年ほど前ですが、駅前の携帯ショップにスマホの買い替えのため40分程自転車を止めていたところ、用事が済んで帰ろうとしたら、自転車が無くなっていました。

店の前は駐輪禁止になっていたため、自転車が沢山止めてある場所に止めたのですが・・・

用事が済んで、戻ってみると

何台も止めてあった自転車が無くなっていました。

電柱に放置自転車の保管場所の張り紙がしてあったので場所を見てみると
徒歩で10分程だったので行ってみました。

係りの人に尋ねると、何時ごろどこに止めたのかを聞かれ
答えると その辺にあると言われ探してみたらありました。

身元を確認できるもの(免許証)を見せて受け取りの書類に住所氏名を書いて
3000円を支払いました。高い!!

自転車の放置について注意されるかと思ったが
そんなことは無く タイヤの空気を入れてくれたり、チェーンに油を付けてくれたりで
結構親切でした。

それにしても3000円はあまりにも痛い!!

しかし、自分が悪いのは確かなので
反省 二度と同じ過ちは犯さないと心に強く誓いました。

放置自転車集積所に集められた自転車がその後どうなる

すぐに、自転車を必要としない場合は、保管先から通知されるのを待ってみるのもいいと思います。
(防犯登録がしてあれば)

所有者が不明の場合や引き取りが無い場合

・利用可能な物は自転車・自動車協会などへ中古販売されます。
・買取が無い物は福祉施設などへ希望が有れば寄付されます。
・使用が不可能な物はゴミとして処分されます。

まとめ

放置自転車はごみと同じ扱いをされます。

引き取りに行ったら扱いが悪かったためか

壊れていて乗れる状態ではなかった。という口コミもありました。

自転車の路上駐車は、できるだけ しないようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-生活, 豆知識
-

Copyright© 知って得する暮らしの情報館 , 2019 All Rights Reserved.