生活に役立つ暮らしの豆知識

ふじさわ江の島花火大会2018秋開催!日程とおすすめ穴場スポット!

ふじさわ江の島花火大会は、秋にも行われる花火大会です。

 

秋に行われる「ふじさわ江の島花火大会」は空気が澄んでいるので、

 

夏とは一味違う花火大会が楽しめます。

 

特に、空中で直径約480mにもなる大輪の花火(特大2尺玉)は必見です。

 

2018年の日程と穴場スポットを紹介します。

3ふじさわ江の島花火大会日程と概要

 

日程:2018年10月20日(土)18:00〜

 

荒天時は2018年10月21日(日)に延期

 

時間:午後6時〜午後6時45分

 

打上数:3,000発(2尺玉を含む)

 

観覧場所:江ノ島大橋の歩道・片瀬海岸東浜・片瀬海岸西浜 など

 

アクセス:

小田急江ノ島線 片瀬江ノ島駅下車 徒歩2分
江ノ島電鉄 江ノ島駅下車 徒歩5分
湘南モノレール 湘南江の島駅下車 徒歩6分

 

有料席

パイプイス席:1名2500円(境川河口左岸、2500席)

 

問合せ:

公益社団法人藤沢市観光協会(藤沢市観光センター)
TEL:0466−22−4141 [午前8時30分〜午後5時まで

 

ふじさわ江の島花火大会の見どころは?

2013年のふじさわ江の島花火大会の動画

 

2017年は残念ながら台風の影響で中止になりましたが

 

2016年には 8万5000人の人出がありました。

 

今年もかなりの人出が予想されます。

 

当日は少し混雑しています。

 

 

江の島は東京にお住まいであれば、

 

東京駅からJRで約1時間ですね。

 

花火大会当日の夕方4時頃に出て

 

花火を堪能して

 

まっすぐ帰れば、8時過ぎには東京に到着します。

 

しかし、どうせ江ノ島に行くなら

 

午前中に出て鎌倉を散策することをオススメします。

 

そして、夕方、江ノ電で江ノ島に出て花火を楽しみましょう。

 

ふじさわ江の島花火大会、恒例のメッセージ花火

申込費費用:15,000円(ペア特別観覧招待券付き)

 

花火で「プロポーズ」なんてすれば、いい思い出になりますよ。

 

メッセージ花火15000円は格安ですね
50000円以上するところも、あります

 

座席指定の有料席で花火を満喫


ゆったりとを楽しみたい方には、有料席が利用できます。

 

パイプイス席で1名2,500円(2500席)

 

有料席チケットの販売は2018年9月3日(月)8:30〜です。

 

チケットぴあ・全国ローソン・ミニストップ・セブン−イレブンで申し込みができます。

 

有料席の詳細・会場の地図はこちらをご覧ください。↓↓
http://www.fujisawa-kanko.jp/event/fujisawahanabi.html

 

ふじさわ江の島花火大会の穴場スポットは?


以下がおすすめです。

 

鵠沼海岸
江ノ島大橋の歩道
片瀬海岸東浜
江ノ島水族館

 

ふじさわ江の島花火大会に限らず「花火大会」では、

 

会場か、その近くで大迫力な花火と音を満喫する事をおすすめしたい所ですが、

 

小さなお子様には、刺激が強すぎる場合があります。

 

そこで、オススメなのが湘南モールフィルの屋上です。

 

会場からは少し離れますが

 

 

江ノ島が目の前に大きく見えて、

 

花火もばっちり見えます!

 

またその屋上に出店も出ているので

 

(食べ物・ヨーヨーツリ・金魚すくいなど)

 

特に小さいお子さん連れにお勧めです。

 

ふじさわ江の島花火大会2018秋開催!日程とおすすめ穴場スポット「まとめ」

 

花火大会は、夏の定番ですが、季節はずれの花火も、いいものです。

 

 

江ノ島・鎌倉は美味しいものがいっぱいあり

 

(生しらす丼がオススメ)

 

交通の便もとてもいいので、

 

1度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

特に子供連れにも最適です。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして

応援お願いします。
     ⇒
生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連ページ

雪道で転ばない方法
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!