生活に役立つ暮らしの豆知識

口臭の症状というと息がくさいということになってきますが、口臭自体はだれにでもあるものですから、不快に感じるようなにおいの場合などに問題となってきます。口臭にもいくつか種類があり、それによって症状などにも違いがあります。時には、治療などが必要となってくる場合もありますから、自分の口臭がどういったものなのか気を付けてみることも必要でしょう。生理的口臭起床直後や緊張したときなどに口臭が強くなるような症状の場合には、生理的口臭と呼ばれている唾液の分泌が減少することで口内の細菌が増殖して口臭が強くなるというものです。食事や口を動かしたり、歯磨きをすることで口臭は減少しますから、この場合には、特に治療など...
しゃっくりは横隔膜の痙攣です。しゃっくりは明確な治療法が、無いといわれています。しかし、大抵は数分から数十分で自然に治ってしまいます。特例として68年間しゃっくりをし続けた人もいます。(後ほど書きます。)この記事では、すぐに、直したい場合の民間療法と漢方薬を紹介しています。しゃっくりの止め方民間療法単純にしゃっくりを止めるだけなら、医者の治療よりも民間療法のほうが、効果が高いと言われています。・舌を引っ張る・くしゃみを誘発する・アロエの摂取、レモンなど柑橘類の摂取・冷たい水を一気に飲み干す・急に驚かす・かきのへたを煎じて飲む特に効果が高く、簡単にできる方法は息を深く吸ってできるだけ長い間止める...
敏感肌とは、肌がヒリヒリしたり赤くなったり、トラブルを起こしている状態を言います。敏感肌チェック肌の状態が不安定に感じることがある(特に季節の変わり目など)環境の変化、急に寒くなったり、日光に当たると赤く湿疹のようなものができる肌が乾燥して粉をふいたり皮がむけることがある汗をかくと、肌がムズ痒くなるストレスがかなりたまっていると思う睡眠不足だと思う外食が多いいつも疲れが残っている感じがする。メイクをすると、ピリピリとした刺激や痒みを感じたことがあるメイクをすると肌が赤くなったり腫れたりすして、気になったことがある。以上の項目に5つ以上当てはまるなら敏感肌の可能性が高いです「乾燥性敏感肌」になら...
バリウム検査の前日に注意することは?食事は何時まで?夜9時からバリウム検査終了までは絶食します。これは、バリウム検査だけでなく血液検査にも、影響しますので。健康診断でバリウム検査を受けない人も守りましょう食べたものを胃が消化するには大体5時間から8時間ほどかかります。食べたものが胃に消化されずに残っていると影が出て胃に異常があっても、正確に診断できなるからです。どうしても、お腹が空いて我慢できない場合は消化の早い物を少量だけ食べるようにします。おかゆ(消化まで約1時間50分)ウィダーinゼリー(消化まで約1時間)等がオススメです。バリウム検査の前日に注意することは?水分は何時まで?当日の朝から...
子どもの視力低下の低年齢化が進んでいます。テレビゲームや暗いところで本を読んだりすることが原因と言われていますが、実際には、近くのものだけを長時間、かなりの集中力で眺める事が視力低下の原因になります。スマホの普及が拍車をかけています。文部省が発表した平成12年度調査によれば、視力が1.0未満の生徒の割合は、小学生で25%、中学生で50%、高校生では63%という結果になっています。10年前と比べると、どれも10%近く増加しています。高校生で1.0以下が50%以上と言うのは驚きです!私の子供時代や学生時代にはメガネを掛けている人は少数派でした。(ちなみに昭和34年生まれ)視力低下を予防し視力回復す...
こむらがえりは、(病名としては筋けいれんです)しかし、こむらがえりの方が一般的なのこむらがえりという名称で書いていきます。(こぶらがえりという所もあるようです。)「こむらがえり」とは、ふくらはぎの筋肉がけいれんすることです。「足がつる」という状態です。「涙が出るくらいの激痛」「ふくらはぎが石になったよう」という表現されるほど、とても痛いですね。私も月に数回、就寝中や寝起きになるので、色々と調べてみました。こむらがえりの症状は2種類運動中になる場合と、寝起きや就寝中になる場合の2種類に分けられると思いますが。この記事では後者の寝起きや就寝中になる場合の原因・予防法・対処法を取り上げていきたいと思...
インフルエンザ予防対策には予防接種も含まれますが今回この記事では、最も簡単にできる「手洗い」「うがい」「マスク」「嚥下(えんげ)」について書いています。インフルエンザ予防対策「手洗い」手に付いたウイルスが鼻や口に触れて感染する接触感染を防ぐ効果があります。アルコール消毒や手洗いも有効な予防法です。インフルエンザ予防対策「うがい」厚生省のインフルエンザ予防ポスターから「うがい」が消えたうがいに関しては賛否両論ですね否定的な意見では「うがい」が、インフルエンザの予防に明確な根拠がない。インフルエンザウイルスは、20分ほどで細胞の中に取り込まれ、増殖するので20分ごとにうがいをするという非現実的な予...
インフルエンザの流行するのは毎年12月から3月といわれていますが、この記事を書いているのは、1月中旬です。現在、私の務めている会社でも、5人がインフルエンザで休んでいます。そして、ついに我が家の長男もインフルエンザに感染してしまいました。この記事では、猛威を奮うインフルエンザA型に関する情報とインフルエンザの治療費・処方された薬についての体験談を書いています、ぜひ参考にしてみて下さい。インフルエンザウイルスはA型・B型・C型の3種類まず、B型はどちらかと言うと、普通のウイルスです。変異しないので、予防接種を受ければ、予防できます。仮にかかったとしても、回復すれば、抗体ができるので一生かからない...