生活に役立つ暮らしの豆知識

お子さんの視力回復の最善の方法!(豆知識)

子どもの視力低下の低年齢化が進んでいます。

 

テレビゲームや暗いところで本を読んだりすることが原因と言われていますが、
実際には、近くのものだけを長時間、かなりの集中力で眺める事が視力低下の原因になります。
スマホの普及が拍車をかけています。

 

文部省が発表した平成12年度調査によれば、
視力が1.0未満の生徒の割合は、
小学生で25%、
中学生で50%、
高校生では63%
という結果になっています。

 

 

10年前と比べると、どれも10%近く増加しています。

 

高校生で1.0以下が50%以上と言うのは驚きです!

 

私の子供時代や学生時代にはメガネを掛けている人は少数派でした。
(ちなみに昭和34年生まれ)

視力低下を予防し視力回復する6つの方法と費用

・メガネをかける
・コンタクトレンズ
・レーシック手術
・オルソケラトロジー
・ピンホールメガネ
・視力回復プログラム

 

・メガネをかける

小学校低学年なら、メガネをかけるというのが一般的ですね。
多少わずらわしいですが、最も眼に負担をかけずに視力矯正できます。
費用は5000円から10000円程度
JINS(ジンズ)のキッズ専用メガネなら5000円で購入できます。

 

小児弱視治療用眼鏡等の療養費支給という制度もあります。
詳しくはこちら↓
http://www.nichigan.or.jp/member/syaho/ryoyohi.jsp
しかし、一般的な近視には適用されません。

 

・コンタクトレンズ

コンタクトも小学生には不安だけれど、中学生以上なら 使用できそうですね。
長時間付けっぱなしの場合には更に視力を低下させる原因にもなります。
費用はハード・ソフト・使い捨てタイプと種類が豊富なので
一概には言えませんが10000円前後を目安に探してみるといいです。

 

メガネやコンタクト>は(あたりまえですが)装着しているときだけ効果があるもので外せばすぐに元に戻ります。

 

・レーシック手術

 

レーシック手術は二十歳以上なので子供には向きません(できません)
根本的な「視力回復」と言えばレーシック手術が一般的になりつつありますが、
レーシック手術は基本的には20歳以上でないと受けられません。

 

しかし仮に子供でも受けることができたとしても、レーシック手術はあまり、おススメできません。

 

レーシック難民と言う言葉も最近ではよく見かけるようになり失敗する例が少なくないからです。

 

費用は20万円〜60万円

 

・オルソケラトロジー

最近注目されているのがオルソケラトロジーです。
オルソケラトロジーは子供たちの視力回復の救世主か?

 

オルソケラトロジーは簡単に説明すると、特殊レンズを就寝前に装着して一時的に視力を回復させる治療法です。

 

費用は10万円〜20万円

 

オルソケラトロジーのメリット!デメリット

 

メリット(良い所)

 

・手術無しでレーシック手術と同じ効果が得られる。
・オルソケラトロジーは4歳から88歳まで可能。実践者の50%が19才以下です!。
・寝ている間に視力回復
・視力が定着してくると1週間に2回ほど装用するだけでも視力は維持できるようです。

 

デメリット(悪い所)

 

・ハードコンタクトと同じで眼がごろごろする
・高額の治療費
・紫外線の害を受けやすくなる
・特に夜に視界の一部がぼやける。

 

オルソケラトロジーにかかる費用

 

ネットで調べたところ9万円から40万円と
価格の差が激しいです。
質・価格で見たところ15万円前後が妥当かなと思いました。

 

オルソケラトロジーの体験者の声

 

・オルソケラトロジーにして快適な生活をしている。
・視力が安定してくると、2日に1回や1週間に2回位でも視力が落ちない。
・毎日、使用していても午前中くらいで効果がなくなる。
・寝ている間にレンズがずれて、正しい矯正がされなかった。
・ハードコンタクトが合わなくて、使用できず、結局無駄になった。
・グレア現象とハロー現象の両方又は、どちらか一つ悩まされている。
注)グレア現象:光がいままでよりも眩しく見えてしまう
注ハロー現象:光を見るとその周囲にぼんやりと光の輪が見えてしまう

 

オルソケラトロジーの合う人、合わない人の差が激しいようで
誰にでもおススメできる方法では無いようです。

 

これは適応するかどうかを試してから、購入するかどうかを決めたほうがいいですね。

 

医院によっては1週間から2週間のお試し期間を設けているところがあります。

 

・ピンホールメガネ

こんなもので、視力回復するはずがない
と、思われがちですが

 

子供の視力 トレーニングには最適です!
価格は安いので、まずは試してみてはいかがでしょうか?
費用は1500円
メガネなしでもよく見えて1日3分で視力回復「ピンホールアイマスク」

 

・視力回復プログラム
子供の視力回復トレーニング教材評判実績ナンバーワン!!
と評判のいい
こちらも、オススメです。
特別価格16,800円(税込)
1日たったの13分でみるみるよくなる視力回復法〜自宅トレーニングセット・CD−ROM,メールサポート付〜

 

お子さんの視力回復の最善の方法!のまとめ

お子さんの視力回復の最善の方法!

 

オススメは平凡ですがメガネです。

 

裸眼で視力回復する。
ピンホールメガネ
又は視力回復プログラムは魅力的です。

 

 

とりあえず、メガネを使用
必要最低限の時間だけ着用!

 

ピンホールメガネか視力回復プログラム
を実践することを、おススメします。

 

 

しかし、こういったものは人によって合う・合わない
が、あります。

 

 

どちらも、返金保証がついていますので
気軽に始めることができます。

 

回復が見込めないようなら
オルソケラトロジーを視野において、他の方法を選びましょう。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして

応援お願いします。
     ⇒
生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連ページ

インフルエンザウイルスの潜伏期間と症状
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
インフルエンザ予防対策「手洗い」「うがい」「マスク」「嚥下(えんげ)」
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
足がつる(こむらがえり)涙が出るくらいの激痛について(健康の豆知識)
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!