生活に役立つ暮らしの豆知識

「生活保護」に関する2013年の改正 申請方法

生活保護法改正案が決定したことにより、
生活保護の申請手順や申請方法が変わりました。

 

申請方法が変わるというところが、

 

現在生活保護を受けている人に大きな影響があるということで

 

関心が高い項目です。

 

また、将来どのようなことがあるかわからないので、

 

生活保護を申請する機会があるかもしれないために、

 

申請方法を知っておくことは大切です。

 

生活保護申請方法 従来の方法とこれからの方法

従来は、生活保護の申請は、窓口にて申請をして、

 

申請が受理されれば審査に移り、

 

審査が通れば生活保護が決定するという流れでした。

 

 

2013年の時点では、

 

生活保護は口頭での申請でも、

 

申請をすること自体は出来るというのが現状です。

 

このことが、申請しても水際作戦などで受理されないという

 

問題があると指摘があり、痛ましい事例もあって問題視されていました。

 

 

 

改正案では、特別な事情がある場合を除いては、

 

申請にも申請書という書類を作成して提出することが義務化されます。

 

これにより、書類が揃っていれば水際作戦で追い返すなどの不当な扱いが出来なくなり、

 

不備がなければきちんと申請を通すことが出来ます。

 

また、厳格な書類申請を取り入れることで、

 

不正受給を窓口にて発見し、

 

審査に移る前段階で弾くことが出来るというメリットもあります。

 

ただし、書類申請をすることは、正確性は向上しますが、

 

申請の煩雑化や書類作成の時間がかかるということでもあります。

 

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして

応援お願いします。
     ⇒
生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連ページ

「生活保護」に関する2013年の改正  概要
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
「生活保護」に関する2013年の改正 不正受給の罰則
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
「生活保護」に関する2013年の改正 自立支援
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!