生活に役立つ暮らしの豆知識

夏場のドライブ。エアコン無しでは走れない。どうすれば少しでも燃費を アップ出来る?

連日猛暑のニュースが伝られています。

 

車で移動する際も、エアコン無しではかなり辛い季節になりました。

 

周知の事実ですが、カーエアコンは燃費を悪化させます。

 

1リットルあたり1q程も燃費は低下するようです。

 

ガソリンは決して安いものではありません。

 

どうすれば、エアコンを使用する夏場の

 

燃費低下を少しでも防ぐことが出来るのか、

 

幾つかのポイントを書いてみます。

まずは車内の温度を人力で下げる

エンジンをスタートする前から出来る事があります。

 

サンシェードなどを利用して駐車中の

 

車内温度が上がらないようにするのです。

 

また可能なら、なるべく直射日光が差し込まない

 

ような日陰に駐車すると良いでしょう。

 

いよいよエンジンをスタートさせて発信させますが、

 

すぐにエアコンのスイッチを入れる事は避けます。

 

窓を全開にして、外気を十分に取り込みます。

 

車内温度が外気よりも高い状態でエアコンを作動させると

 

エアコンがフル稼働となり、 ガソリンを多く消費する事になるからです。

 

車内温度が外気と同じ程に下がってからエアコンのスイッチを入れましょう。

 

エアコンスイッチを上手に使う

エアコンは、風力や温度を設定する事が出来ます。

 

家庭用エアコン(冷房)の場合、

 

設定温度を上げればそれだけ電気代を節約出来ます。

 

しかし、カーエアコンの場合は、

 

設定温度を下げたからといって、

 

ガソリンの消費量が上がるわけではありません。

 

 

ですから、最初の設定温度を最低に、

 

風力は最大にして、

 

一気に車内の温度を冷やすと効果的ですが、

 

肝心なのはここからです。

 

エアコンスイッチの近くにある、

 

外気循環と内部循環の切り替えスイッチが

 

内部循環になっていることを確認します。

 

せっかく溜めた車内の冷たい空気を最大限活用するためです。

 

 

そして、もう充分涼しいと感じたら、

 

エアコンスイッチをオフにします。

 

エアコンスイッチを切れば、

 

燃料を消費しているエアコンのコンプレッサーが停止するからです。

 

もちろんしばらくすると、

 

車内の温度が少しずつ上がり暑さを感じる事でしょう。

 

その場合は再びエアコンスイッチをオンにします。

 

この繰り返しです。

 

ちなみに、発進時にエアコンスイッチをオフにしても、

 

残念ながらあまり燃費向上とはならないそうです。

 

まとめ

どんなに努力しても、夏場にカーエアコンを使用する限り燃費は落ちます。

 

でも、少しの努力と心がけで燃費の悪化を少しでもセーブする事が出来ます。

 

チリも積もれば山となる です。

 

カーエアコンを賢く利用すればガソリン代の節約となり、

 

地球にもお財布にもエコなドライバーになれるでしょう。

気に入った記事がありましたらこちらをクリックして

応援お願いします。
     ⇒
生活・文化(全般) ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

関連ページ

「生活保護」に関する2013年の改正  概要
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
「生活保護」に関する2013年の改正 申請方法
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
「生活保護」に関する2013年の改正 不正受給の罰則
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
「生活保護」に関する2013年の改正 自立支援
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!
歌いやすいカラオケ曲もあれば、違和感を憶えるカラオケ曲があるのはなぜ?
知っていると きっといつかは役に立つ 「暮らしの豆知識」毎日更新!!